私の毛穴メンテナンス方法

洗顔後の冷水と肌に負担をかけないことが大事

キメが細かく毛穴が目立たないきれいな肌に強い憧れを持っているものの、現実の私の肌は毛穴が開きがちで、皮脂量の多い脂性の肌質です。そのため、メイクをしても毛穴の開きが目立ってしまい、さらに皮脂の過剰分泌で化粧が崩れやすく、このような状態を何とか改善したいと日ごろのスキンケアやメイク方法を色々工夫してきました。

昔はメイクで隠すことに力を入れていましたが、これでは根本的な対処にはならないことに気づき、それ以来、スキンケアといった日々のメンテナンスにより一層気をつけるようにしています。

私が実際に行っていることは、洗顔の最後に必ず冷水を使うことです。冬は手がかなり冷えるため少し辛いですが、冷水を使うことで毛穴をしっかり引き締めることができ、その後に施すメイクが崩れにくくなります。

特に夏場には効果的で、寝起きの皮脂や汗で開ききった毛穴をしっかりと引き締めることができます。

また化粧水はその時々に応じて収斂効果のあるものを使ったり、肌の状態に応じて化粧水を使い分けるようにしています。化粧水は常にたっぷりを心がけて、肌が乾燥しないように気をつけています。

ファンデーションはできるだけ肌に負担が少ないものを使いたいため、ミネラルファンデーションを普段は使っていますが、スキンケアをしっかり行うことで、ミネラルファンデーションを重ねるだけで毛穴の開きはそれほど目立つことはなくなりました。

リキッドファンデーションを使いしっかりメイクをしていた頃に比べて、クレンジングや洗顔による負担が少なくなったのか、肌が異常に乾燥することがなくなり、全くメイクをしない日を作って肌を休めることで、毛穴の開きを含め、肌の状態が改善しました。

薄づきメイクが基本ですが、ちょとしたお出かけやパーティーなど、もっとしっかり毛穴の開きをカバーしたい時は、化粧下地を使うことで、毛穴の開きを目立たなくさせ、皮脂をコントロールすることで化粧崩れも防いでいます。

できるだけ肌に負担をかけないように心がけることで、毛穴の開きを抑え、肌のメンテナンスをしています。

スペシャルケアと簡単なケア上手に組み合わせています

毛穴の開きのメンテナンス方法として、スペシャルケア簡単なケアを、上手に組み合わせています。

油断もスキもないのが毛穴の問題なので、まずは日頃からの洗顔を丁寧にするよう心がけています。特にやりがちなのは、メイクをしたまま疲れて寝てしまうという、とんでもない行為です。

これをやると顔にぞうきんをかぶって眠るのと同じくらい不衛生で、ひと晩で1年分は肌が老け込むと聞いてから、恐ろしくてとてもできないと感じました。しかも、肌状態が吹けるということは、毛穴だって開くということです。

ですから日頃から、どんなに疲れていても、メイクだけは落として寝ています。クレンジングをして洗顔をするような手間は無理なときには、クレンジングシートで拭き取り、眠ったよう朝にしっかりと洗顔をしています。

そこまで疲れていない時には、ホットタオルをつくって、顔の肌にのせて毛穴を開かせています。電子レンジで1分くらいでできるので、簡単ですし、1日の疲れが取れるのでお気に入りです。

週末などの時間があるときの毛穴の開きのメンテナンスは、いつもよりも力が入っています。まず家庭用のスチームで毛穴をしっかりと開かせます。その時に水道水ではなく、贅沢に精製水を使っています。

週末は毛穴汚れを一斉除去するスペシャルデイにしているので、ピーリングをする日に決めています。市販のピーリング剤を使用することもありますが、ここのところのお気に入りは、炭酸パックでの毛穴の汚れ除去です。

近年では美容業界にも炭酸美容ブームが到来していますが、家庭でできる炭酸パックは思いのほか毛穴をキレイにしてくれます。30分くらい炭酸パックをして洗い流しますが、その時にしっかりパックできるように、炭酸ジェルの上にラップをしています。

洗い流したあとの毛穴は、スッキリ汚れが落ちてキレイになっていますし、毛穴が小さくなって整うので、かなり肌状態は美しくなりますので、炭酸パックはオススメです。

- 毛穴ケア用品を上手に使おう -
ビーグレン(b.glen)
【POLA】RED B.A スムージングセラム
【ポーラ】新エイジングケア『D(ディー)』
【炭酸パック洗顔】テンデシカ
アンサージュ4点セット